• ホーム
  • NISA口座と一般口座を比較するとこんなにお得!

NISA口座と一般口座を比較するとこんなにお得!

自信を持っている人たち

2014年から少額投資非課税制度のNISAがスタートし、株や投資信託で利益を得ても税金がかからないことで、初めて投資をする人が増えています。非課税という誰もが喜ぶメリットは、利益が高くなるほど節税に繋がっていきます。その節税額は、税金が加算されます一般口座と比較してみれば実感できるでしょう。
NISAの最大メリットは、上場株式と株式投資信託の譲渡益・配当金に対して、非課税になるということです。
一般口座の場合は、資産運用で得た利益に20.315%の税金がかかることになります。例えば、100万円投資して50万円の利益が出たとき、NISAは非課税になるため50万円まるまる得ることができますが、一般口座は税金が引かれて39万円となり、その差はなんと11万円にもなってしまいます。税金の有無で、これほどの利益が違ってくるのですから、NISAを利用しないと損と考えるのは当然です。
年間100万円までの非課税枠があり、最大5年間非課税扱いされます。さらに新たに5年間の非課税枠を使うことができるため、最大10年間・1,000万円までが税金対象外となるのです。この最大限を利用して収益をどれだけ上げても、税金は0円という嬉しい制度です。
一般口座で購入した株が値上がりして、大喜びして売ったら引かれている税金の額を見て、非課税だったらどれだけ儲かっていたかと、肩を落とすはずです。その後にNISAを利用して利益を上げたときは、この制度の恩恵をしみじみ実感できることでしょう。
NISAは、1年間の内で売却した後に新たに非課税枠100万円として利用することはできないため、短期間で売買しなければならない商品を購入するより、長期運用の方がお得と考えられています。そのため、過去の実績が良い投資信託を買うのが勧められています。

人気記事一覧