NISAをはじめてみよう!

笑顔のビジネスマン

2014年1月から始まった少額投資非課税制度、通称NISAは個人が行う投資活動に関してある一定の非課税枠を設けた制度となっています。
経済成長を促進させることの他、貯蓄から投資へと言われている社会をより実現させる目的を持った同制度ですが、開始から約1年半以上経過した現在でも未だ認知度は低いものといえます。

難しく思われがちなNISAですが概要をもう少し詳しくみていきましょう。
例えば通常株式や投資信託に投資をして利益が出た場合、約20%の税金がかかることになっています。
つまりせっかく100万円儲けたとしても実際に手元に入る金額は80万円になるわけです。
しかしNISAで取引した場合は毎年100万円までの投資であれば、投資した時期から最大で5年間税金がかからないという仕組みになっているので先の例ですと儲けが丸々100万円入ってきます。
超低金利時代と言われているにも関わらず銀行からもらう利息にも約20%の税金がかかる現在、この非課税枠はとても魅力的なものと言えます。

NISAは1つの金融機関でしか開設できないという縛りはありますが、開設しようとする年の1月1日時点で20歳以上、かつ日本国民であれば誰でも無料で開設できることになっていて、もちろん開設に関する手数料はかかりません。
唯一必要なものと言えば住民票ですが、金融機関によってはこの住民票を無料で代行して取得してくれる銀行や証券会社もあるので自分に身近な金融機関だけでなくよりサービスが充実した金融機関を選んだ方が良いとされています。
積立の投資信託であれば今や500円から投資家になれる時代、NISAを利用して投資家デビューしてみてはいかがでしょうか。

人気記事一覧