• ホーム
  • コンドームには性病を予防する効果も

コンドームには性病を予防する効果も

性病とは性行為によって感染する病気のことですが、予防のために正しい知識を持っておくことが大切です。
種類によっては症状を感じにくいものもあるため、感染しても気付かないといったこともあります。
放置しておくとどんどん症状が悪化してしまうこともありますし、他の人に感染させてしまう可能性もあるので注意しましょう。

性病と聞くと、一般の人には関係がないものだというイメージを持っている人もいるかもしれません。
しかし、現在では風俗で働いている人だけでなく、普通の人の間にも広がってきています。
恋人やパートナーがいる人なら誰でも感染のリスクがあると知っておきましょう。

最近は性経験の低年齢化により、若者の間でも性病が広がってきています。
もちろん若者だけでなく中高年も注意が必要であり、しっかり予防していくことがポイントです。
最も効果的なのは性行為をしないということです。
しかし、恋人やパートナーがいる人は全く性行為をしないことは難しいでしょう。

最も確実な予防法は性行為の時にコンドームを使うということです。
コンドームは避妊だけでなく、性病の感染予防にも役立ちます。
一般的な性行為の際にはもちろん、オーラルセックスやアナルセックスの際にもしっかり着用しましょう。
ちなみに、コンドームでは完全に予防できない種類の性病もあるので注意が必要です。

クラミジアは主に膣分泌液や精液を介して感染する性病の一種です。
コンドームを使うことで病原体との接触を防ぐことができるため、クラミジアの予防にはコンドームの使用が効果的です。
ガンジダは免疫力の低下や抗生物質の使用、ホルモンバランスの乱れなどが原因で発生する性病です。
ガンジダ菌は人間の体内にいる常在菌ですが、この菌が異常増殖をしてしまったことが原因です。
性器の接触によって感染してしまうため、コンドームで予防しましょう。

コンドームをつけることで自身だけでなく、恋人やパートナーへの感染も防ぐことができます。
お互いの性器に腟分泌液や精液が接触することを防ぐことができますし、傷ができるのを防ぐ効果も期待できます。

男性が毎回きちんと装着するのがマナーです

コンドームは避妊効果があるだけでなく、性病の予防にも非常に効果的なアイテムです。
しかし、コンドームを使うと性行為が気持ち良くなくなってしまうのではないかと心配している男性も多いでしょう。
しかし、それはコンドームの品質があまり高くなかった頃の話です。
現在の日本で作られているコンドームは薄くて丈夫なことはもちろん、感度も良くなるように作られています。
品質も良いですし、海外製品のように性行為の途中で破れてしまうといった心配もほとんどありません。

ゴム特有の臭いや感触が気になる場合、ポリウレタン製の商品を購入すると良いでしょう。
現在のコンドームは通常の性行為だけでなく、オーラルセックスの時に使用できるものなどもあります。
潤滑液付きの商品などもあるため、コンドームの摩擦が苦手な女性の負担も大きく軽減できます。

コンドームは正しい知識を身に付けて使用することがポイントです。
直射日光や蛍光灯の紫外線で品質が劣化しやすいため、保管場所には気を付けましょう。
また、袋から取り出す際に爪でコンドームが傷ついてしまうことがあります。
袋は丁寧に開けることがポイントです。

薄さが0.01ミリであっても、コンドームを使用すれば性器同士の直接的な接触は遮断されることになります。
人肌の質感や温もりを完全には感じられなくなりますが、その差は僅かなものですし、決して気持ち良くないということはないでしょう。

気持ち良くないと感じてしまう男性は肉体ではなく、精神的なものかもしれません。
コンドームをつけると拒否された気がすると感じたり、相手の女性が本当は性行為をしたくないのではないかという悩みを抱えてしまうことが問題です。
しかし、本当に相手のことを考えているなら毎回きちんとコンドームを着用しましょう。

関連記事
EDのお薬はネットでも購入可能です 2020年07月07日

男性の理性に酷い傷跡を残すのが、身体的な不調です。働き過ぎが常々指摘される日本人は、EDになりやすい面を持っています。かつては40代から50代以降の問題だと言われていたEDですが、現在では30歳以下で精力の減衰を自覚なさる方々が増えました。労働時間の長時間化、あるいは労働の質のシビア化がその原因です...

ED治療で有名な病院選び 2020年06月07日

勃起不全などED治療をはじめる際には、評判の良い有名な病院を選びたいと考えますが、EDといっても個人差や症状の違いがありますので、自分にあった病院を探すことが大切です。EDは薬で治せる病気ですから、治療にあたり大切なのは医薬品としての処方ができる病院を選ぶ点にあります。精力剤のように興奮作用をもたら...

EDとうつの関係について解説 2020年05月03日

うつ病はその患者数を大きく増やしている現代病のひとつとされており、そこではさまざまな症状が見られるようになりました。無気力感や興味の喪失、不眠といったような症状は代表的なものですが、それらの代表的な症状と同様に多く見られるのがEDなのです。ではどうしてうつ病とEDには関連性が見られるのかと言うと、端...

韓国製ザイデナで夫の勃起不全を対策 2020年03月31日

勃起不全の治療薬と言えば、米国製やドイツ製が有名です。そして最近では、それらのジェネリック医薬品がインド国内で製造されています。お薬開発に関する独自のルールが定められているインド国内はジェネリック医薬品が製造しやすい環境です。そのためインド製のジェネリック薬はとても安価に入手出来ます。更に昨今、にか...

プロペシアでの勃起不全は勃起薬との混合服用で解消 2020年02月26日

薄毛の悩みを抱えている人は、日々育毛剤や発毛剤で改善している人も多いことかと思われます。発毛効果が高いプロペシアは、専門クリニックなどで医師に処方してもらう薬であり、薄毛の進行を予防するだけでなく、進行が進んでいる人にも有効な発毛剤です。ただ、プロペシアは服用役なので全身に作用するために副作用が考え...